代表のご紹介

 

Positive Impact 代表

フィオナ・ペラム氏

フィオナ・ペラム氏2005年にイベント産業におけるサステナビリティ教育を行う非営利団体「Positive Impact」を設立。

同時に、Sustainable Events Ltd の代表でもあり、2012年ロンドンオリンピックでも活用されたISO20121の策定会では議長を務めました

2014年7月、イベント業界におけるサステナビリティ推進の功績が称えられ、Leeds Metropolitan大学から名誉博士号を授与されました。

2015年7月に開催されるMeeting Professionals Internationalでは2万人を超える国際メンバーの中で議長を務めます。

フィオナのサステナビリティに対する情熱とイベント産業における経歴・戦略的推進力が新たな可能性を創造する。

 
 
 

株式会社セレスポ

Positive Impact日本事務局 事務局長

サステナブルイベント研究所 所長

越川 延明

2014年10月1日にイギリスにおいてサステナビリティ教育を行う「Positive Impact」の初めての海外事務局を日本に設立。 

フィオナ氏が議長を務めたISO20121策定会にも日本から

参加。その後、2013年7月にはサステナブルイベント研究所を設立し、イベント分野におけるサステナビリティの調査・研究やセミナーを開催している。