サステナブルなイベントのつくり方

 Photo by Rawpixel/iStock / Getty Images

国連は、イベントはエネルギーや水の消費、廃棄物の発生、温室効果ガスの排出による気候変動への貢献を通じて、重要な環境フットプリントを残すことができると主張しています。なぜなら、イベントは社会のプラットフォームであり、各業界からアイデアを共有し、解決策を見つけ、共に取り組んでいくことで、社会を変化させる巨大な力を持っています。

Positive Impactは、イベント業界が「サステナブルなイベントのつくり方」というテーマに対して、実用的なヒントをご紹介します!

◎レポートを作りましょう!

イベントの情報を整理してレポートを作成することによって、環境や社会や経済に与えた影響を理解し、良い経験を積んで、次回のイベントでも改善できます。レポートを作成することで、スタッフを動機づけ、伝えることで利害関係者からの信頼が獲得できます。モニタリングを続けることで、パフォーマンスの向上も可能になります。

◎コミュニケーションを取りましょう!

効果的なコミュニケーションは、利害関係者にサステナブルなイベントによる影響を理解してもらうことが可能となります。来場者にすぐに、簡単に行動できることを伝えることで、来場者の意識や行動の変化を促すことができます。

◎効果的に計画を立てましょう!

潜在的な悪い影響を抑えるために、チーム内で十分な時間をかけて計画を立てましょう。例えば、来場者の回答を受け取る時間を増やすと、食料品の無駄を減らすのに役立ちます。

【このブログについて】

・出典元(英語):Positive Impact(5 Minute Education)