世界中の人々の健康と幸福を向上させるために、イベント業界ができること

今回のテーマである「世界中の人々の健康と幸福を向上させるために、イベント業界ができること」について、Positive ImpactがSandSI(Sport and Sustainability International)の創設者であり、ディレクターのAllen Hershkowitz博士に電話インタビューを行いました。Allen Hershkowitz博士が過去の関連経験や自分の考えを読者に語りました。

6月ブログ②_図②_06.06.17.jpg
  1. 世界中に持続可能な影響を与えるために、スポーツ産業はどのような目標を設定する必要がありますか。
    スポーツ産業は多くのサプライヤーやスポンサーを通じて様々な産業に関連しており、全体では1兆5千万ドルの価値があり、アメリカでは、80%以上の人がスポーツに関心を持っています。そのため、信頼できるネットワーク(例、教会やスポーツチーム等)を構築することによって、持続可能性について考える際に、文化的な期待と態度が変えられます。SandSI(Sport and Sustainability International)の目標としては、スポーツ市場に大きな影響を与えて、環境への責任を持たせるための文化的な影響を強化することです。
     
  2. 人々の健康と幸福を向上させるため、スポーツ産業に対してどんな課題があるでしょうか。
    従来、スポーツ産業は社会全体が環境に無関心な中でサプライチェーンが構築されていました。社会全体が持続可能性に向かって変化しつつある現在は、環境に配慮した方法で建設されるものも徐々に採用されるようになりました。環境への無意識から意識化に転換する必要があります。

    環境に悪い製品は一般的に安いですが、スポーツイベントの各分野で環境に優しい製品への転換を奨励するのが必要です。また、スポーツ産業で環境に優しい製品とサービスが求められます。サプライチェーンは大規模な顧客のニーズに合わせるために行動も変えられるでしょう。
     
  3. スポーツコミュニティに対して、多くの教育が求められるでしょうか。
    持続可能性に関連する取り組みと科学が常に変わっていますので、このテーマに関連する教育を定期的に提供する必要があります。気候変動や海洋酸性化等の複雑な環境問題に対して、単純な取り組みで対処できるわけではありません。過去各国で策定された政策が大気の状態に劇的な影響を与えましたので、環境に配慮していない意思決定から、より環境に優しい施策へ迅速に転換する必要があるでしょう。
     
  4. 健康と幸福を向上させることを奨励する事例があるのでしょうか。
    一つの例として、UEFA EURO 2016[1] では、公共交通機関の利用を参加者に呼びかけるため、専用の駐車場が提供されませんでした。これほど大規模なイベントに対して、この取り組みは独特です。最近の例としては、ISO 20121が授与されたRoland Garros[2](全仏オープンテニス2016)です。また、国際オリンピック委員会(IOC)により、作成された環境戦略は、イベント業界における持続可能な開発目標(SDGs)へ最も強力なサポートの一つの実例です。

    イベント業界には、温室効果ガスの削減目標に基づき科学を開発する必要があります。パリ協定で非国家主体(non-state actors)が温室効果ガスの排出量を記録して削減目標を設定することが明確に策定されました。スポーツ団体がパリ協定に従って、温室効果ガスの排出削減へ積極的に対応するなら、地球へも多大な貢献を果たすでしょう。
     
  5. 持続可能なコミュニティを促進するため、スポーツイベントはどんな役割を果たすでしょうか。
    スポーツは主に
    屋外で行われるため、環境とスポーツは緊密な関係があります。組織は、環境管理と持続可能性を含む社会的アジェンダに取り組んでいます。全てのスポーツ組織は、コミュニティ向けのプログラムがあります(例、識字率向上、男女平等の促進、ホームレスの減少等も含められます)。コミュニティからのサポートを貰えるチームは、通常に地域で最も有名な企業です。これらの企業が既に地域のコミュニティに統合されていて、全体の善意と健康に相互に依存しています。地域のコミュニティから、将来のアスリートとファンが生まれるためには、持続可能で健康的なライフスタイルを促進することによって最高の環境を創ることが求められます。
     
  6. 健康と幸福を向上させることを支援するため、他のタイプのイベント(企業イベント等)ができることがあるでしょうか?
    エネルギー、食品の選択および廃棄物による環境への影響を、全てのイベントにおいて配慮することが必要です。これは支出を抑えるだけではなく、企業全体のイメージやブランドの価値も高められるでしょう。

    環境に配慮するイベントは、インテリジェントな運用管理の一つ指標です。株式市場で最高のパフォーマンスを発揮できている企業は、最も進歩する持続可能性に配慮した運営計画を持つ企業です。また、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)[3]でのトップ企業は、常にダウ・ジョーンズ・インデックス(Dow Jones Index)での企業より、パフォーマンスが優れました。

注記

[1]  UEFA EURO 2016とは:
  15回目のUEFA欧州選手権であって、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会です。
  2016年6月10日から7月10日まで開催されました。

[2] Roland Garros(全仏オープンテニス2016)とは:
  フランス・パリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて、2016年5月22日から6月5日まで開催されました。

[3] ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)とは:
  1999年に米国 Dow Jones社とスイスのRobecoSAM社によって開発された世界的な株価指標です。